会社概要

ANALYSIS

FABRIC - Crashlytics

アプリのクラッシュ状況をリアルタイムでモニターします。

CocoapodsのPodfileのメタデータは use_frameworks!
pod 'Fabric'
pod 'Crashlytics'

そしてターミナルから

pod install

XCODEのプロジェクトナビゲーターからスクリプトをペースト

"${PODS_ROOT}/Fabric/run" FABRICサイトにログインしスクリプトを取得

更にInfo.plistにAPIキーを加える

<key>Fabric</key>
<dict>
<key>APIKey</key>
<string>FABRICサイトにログインしてAPIキーを取得</string>
<key>Kits</key>
<array>
<dict>
<key>KitInfo</key>
<dict/>
<key>KitName</key>
<string>Crashlytics</string>
</dict>
</array>
</dict>

Swiftファイル内で初期化

import Fabric
import Crashlytics

class内で Fabric.with([Crashlytics.self]) を記載

FABRIC - Answer (Google買収後 Answerとい表示がなくなる?)

アプリのビヘイビアをリアルタイムでモニターします。

CocoapodsのPodfileのメタデータは

use_frameworks!
pod 'Fabric'
pod 'Answers'

そしてターミナルから

pod install

XCODEのプロジェクトナビゲーターからスクリプトをペースト

"${PODS_ROOT}/Fabric/run" FABRICサイトにログインしスクリプトを取得

更にInfo.plistにAPIキーを加える

<key>Fabric</key>
<dict>
<key>APIKey</key>
<string>FABRICサイトにログインしてAPIキーを取</string>
<key>Kits</key>
<array>
<dict>
<key>KitInfo</key>
<dict/>
<key>KitName</key>
<string>Answers</string>
</dict>
</array>
</dict>

Swiftファイル内で初期化

import Fabric
import Answers

class内で Fabric.with([Answers.self]) を記載

Audienceの利用方法

そのままでは、どの国からのユーザーか表示されないので、Xcode上でAdSupport.framework.のフレームワークの追加が必要。追加方法は、Target > General > Linked Framework

カスタムEventの追加方法

特定のイベントをFabricのEventダッシュボードに表示したい場合は

Answers.logContentView(withName: "イベント名",
contentType: nil,
contentId: パスしたいパラメーター,
customAttributes: nil)

となります。


詳しくは http://fabric.io