会社概要

COCOAPODSは、iOS外部ライブラリの管理をPodfileにメタ情報を記述することにより、外部ライブラリの一連の作業を管理しPodsプロジェクトを生成します。

インストレーションはターミナルから

$ sudo gem install cocoapods

で Cocoapodsをインストール、Cocoapodsのアップデートは

$ [sudo] gem install cocoapods
(Podfileがあるディレクトリ上でインストール)
$ [sudo] gem install cocoapods --pre (プリリリースバージョンの場合)

XCODE上での設定

Prodfileをプロジェクトディレクトリー内に作成し

$ pod init

Podfile ファイルに外部ライブラリーの記述指定に沿って メタ情報を記述

platform :ios, 'OSバージョン'
use_frameworks!

target 'アプリ名' do
pod 'ライブラリー名', '~> バージョン'
pod 'ライブラリー名', '~> バージョン'
pod 'ライブラリー名', '~> バージョン'
end

バージョン名はオプションであるが、バージョンを指定することにより、コンフリクトが起こることを防止できる。例えば

'> 0.1' は、 バージョン0.1より高いバージョン
'>= 0.1' は、 バージョン0.1 以上のバージョン
'< 0.1' は、バージョン0.1未満のバージョン
'<= 0.1' は、バージョン0.1以下のバージョン
'~> 0.1' は、バージョン0.1以上だが、バージョン1.0未満

をインストール

メタ情報のデータのインストールは、ターミナルから

$ pod install

XCODE上でプロジェクトの立ち上げはxcworkspaceのファイルを指定

ファイル名. xcworkspaceから( *.xcodeprojファイルは使用しない)

ライブラリーのインストールは、Pod Install、Pods自身のアップデートは、Pod Updateなので、間違いのない様にします。

ターミナルからのCocoapodsバージョンのチェックは

gem which cocoapods (for Sudoless)

sudo gem which cocoapods (for Sudo)

となります。

詳細は https://guides.cocoapods.org