会社概要

LOCALIZATION

iOSアプリの多国言語化のステップ

初期設定

XCODE Project > Build Setting > Localization

◎ +より追加したい言語を選択
◎ Use Base Internationalization をチェック

XCODEのプロジェクトナビゲータよりInfo.plistを選択

◎ File Inspector > Localizationより追加したい言語をチェック

XCODEのプロジェクトナビゲータよりInfoPlist.stringsを選択

例:

/* (No Commment) */
"CFBundleName" = "私のアプリ";

/* (No Commment) */
"CFBundleShortVersionString" = "0.2";

◎ File Inspector > Localizationより追加したい言語をチェック

文字列の変換

Project Navigator > プロジェクト名選択 > Editor > Export For Localization
エキスポートされた*.xliffファイルを開き、ソースに対して適切な訳をターゲットに記入

<source>$(PRODUCT_NAME)</source>
<target>"私のアプリ"</target>

Swiftコード内の変数は、Swiftファイル内で、例えば

let url = "http://xyz.com" から

let url = NSLocalizedString("http://xyz.com", comment: "english main menu") とすると

エキスポートされた *.xliffファイル内で

<source>http://xyz.com</source>
<note>english main menu</note>

と表示されるので、他国語の場合に使用したい内容にTargetを加えて記載する

<source>http://xyz.com</source>
<target>http://abc.co.jp</target>
<note>english main menu</note>

*.xriffの編集作業が終わったら、Project Navigator > プロジェクト名選択 > Editor > Import Localizationsにより、編集した外部ファイルをXCODEに読み込む、そしてこのExport、Importを繰り返す

NSLocalizedStringを使用した多言語は、Project Navigator > Localizable.strings に反映され

他の *.xriff内での編集されたTargetは、Project Navigator > Main.storyboard > Main.strings に反映される